LAPUAN KANKURIT LAPUAN KANKURIT

万が一ウールを汚してしまったら。汚れを落とす方法

丈夫で長年使えるウール製品ですが、例えば飲み物や食べ物をウール製品にこぼしてしまった時、慌てて水洗いをしてしまうと、縮みやひどい型崩れにつながることがあります。
そこで、手持ちの製品のお手入れ方法をしっかり確認してから、対応を変えることをおすすめします。


まずは洗濯表示の確認を

お手入れ方法の確認としてまず行いたいのが、洗濯表示を見ることです。洗濯機、もしくは手で水洗いできるマークがあるかどうかを確認してみてください。

▲一番左側が、手洗いができる洗濯表示です。

ちなみにラプアン カンクリのポケットショールなどウールアイテムは全て手洗いが可能ですので、汚れがひどい場合には、ぜひ水洗いを試してみてください。

ここからは、手洗いの方法をご紹介します。



ウールを手洗いする方法

用意するものは「ウールをつける容器」と「ウールに使える中性洗剤(おしゃれ着用の洗剤などがよく使われます)」と「きれいなタオル1枚」です。

1. バケツや洗面器などに水かぬるま湯(30°C位まで)をためて、ウールをよく浸します。

2. 一度水を新しいものに変え、洗剤をよく溶かします。そこにウールを浸して5分程度つけ置きします。

3. 3回くらい水を入れ替えながらすすぎます。

4. タオルで挟んで水気を取るか、洗濯機で1分程度軽く脱水します。型崩れにつながりますので、必ずネットに入れてください。

5. 形を整えてから、日陰で平干しをします。

ポイントとしては、手早く、でも優しく押し洗い(揉むと縮んでしまいます)、そして短時間ですすいで脱水です。
無理にゴシゴシ洗ったり、脱水する際もかたく絞るなどはしないようにしましょう。


さてウールの中には水洗いできないものもあります。そんなアイテムを汚してしまった場合はどう したら良いのでしょうか。


水洗いができないウール製品に、もし汚れがついてしまったらどうする?

用意するものは「ウールに使える中性洗剤」と「きれいなタオル3枚」です。

1. まず濡らしたタオルに洗剤を数滴垂らし、汚れてしまった箇所を軽く叩いてなじませます。

2. 次にもう1枚のきれいなタオルを汚れの部分にあて、ウール製品の裏から叩き、タオルに汚れ を移します。

3. タオルを水ですすいで汚れを落としたら、固く絞ってウールのシミの部分を水拭きし、今度は洗剤を落として行きます。

4. 最後に残りのタオルで、ぽんぽんと叩くようにして水気をとります。 万が一化粧品などの油性の汚れがついてしまった場合は、上記の工程の前にぬるま湯で軽く洗い、油を落としやすい状態にしておきましょう。

ウールが汚れてしまった時の対処方法をご紹介しました。
ウール製品は丁寧に使えば使うほど長く使えます。汚れてしまった時はアイテムに合ったお手入れをして、ウールを大切にしてください。

関連記事

LAPUAN KANKURIT cart cart