LAPUAN KANKURIT LAPUAN KANKURIT

ヘイニ リータフフタ
Heini Riitahuhta

フィンランドのアアルト大学でセラミックとガラスデザインを学び、現在はセラミックアーティストとして、アラビアのアートデパートメントの一員として活動しているヘイニ リータフフタ。

セラミック作品でも用いているヘキサゴン(六角形)をベースに、彼女のルーツになっている幼い頃に過ごした庭園に咲く花々が描かれたRUUT(ルート)。そして、花の周りを蝶が自由に飛び回る様子が大胆に表現されたAAMOS(アーモス)は、ヘイニのお子さんの名前がつけられたデザインです。

リネンとオーガニックコットンはヘイニのデザインを忠実に表現できる素材であるとともに、柔らかで、速乾性・吸水性に優れた素材。ヘイニの繊細ながらも力強いデザインを、タオルやブランケット、クッションカバーなどインテリアでもお楽しみいただけます。
優美なフローラル装飾は、器からテキスタイルへと舞台を変え、世界観を広げ続けています。

関連記事

LAPUAN KANKURIT cart cart