ONNI cosmetic sponge

手のひらに収まる、扱いやすいサイズ感のリネンテリー(パイル)素材のスポンジ。
乾いている状態は固く、ざらつきのある表面ですが、水を含ませるとくたっと柔らかい肌当たりに。やさしく角質を除去します。
あまり強くこすらず、優しく洗いたい方におすすめです。

〈お手入れについて〉
●他のものとは分けて60°C以下の弱水流で洗って下さい
●リネン素材の特性上、ご使用や洗濯時の摩擦により、繊維が落ちることがございますが次第に落ち着きます
洗濯される前後に洗濯機の糸くずフィルターをご確認ください
●柔軟剤・漂白剤はご使用できません
●アイロンの使用はお控えください
●洗濯の回数を重ねるとリネン本来の色味が薄くなるころがあります
●素材の特性上約10%の縮みが生じます

SAIMAANNORPPA towel 48x70cm

SAIMAANNORPPA(サイマーンノルッパ)はフィンランドで最大の湖、サイマー湖に生息するワモンアザラシのこと。(英語名:Saimaa ringed seal)

サイマー湖は約8,000年ほど前に、陸地が上昇したことにより海から分離してできた湖で、サイマーンノルッパはそこに取り残されたワモンアザラシの子孫たちを指します。海より水の透明度が低いサイマー湖の環境に適合したと言われる大きな目、そして一匹ずつ異なる輪っかのような模様が特徴です。この力強く、生命力が感じられる模様から、テキスタイルデザイナーのKaarina Tiainenがパターンをデザイン。タイムレスで印象的なデザインが生まれました。

製品後に一度洗いをかけているウォッシュドリネンのタオルは、使い始めから柔らかく、気持ちのいい肌触りです。高い吸収性と速乾性に加え、麻の繊維が持つ抗菌性や非アレルギー性という特徴により衛生的で多くの人におすすめすることができます。キッチンで食器を拭く以外にも、サニタリーで手や顔を拭いたり、収納用のバスケットの目隠しとしてかけて使うことができます。

◯ SAVE THE SAIMAA RINGED SEAL

サイマーンノルッパの生息数は380−400匹。世界で最も絶滅が危惧されるアザラシの一種です。漁業用のネットにかかってしまうことや、温暖化が主な原因と言われていますが、現在は漁業方法の見直しや人の手で作られた雪山を作り、繁殖の手助けをしたりと保護活動が行われています。
ラプアン カンクリはサイマーンノルッパの保護活動を行う、FANC (Finnish Association for Nature Conservation) と一緒にSAIMAANNORPPAアイテムを企画。商品の生産・販売を行い、その売上の一部を保護活動資金としてFANCに寄付しています。

▼SAIMAANNORPPAシリーズの他のアイテムはこちらからご覧いただけます

 

KOIVU towel 46x70cm

フィンランドの風景を思わせる白樺のパターンを織りで表現したKOIVU(コイヴ)シリーズ。
リネンとコットンをかけ合わせた生地には張りがあり、上質感がありながらも
どこか素朴な可愛らしさが感じられるデザインです。

キッチンタオルは、ディッシュクロスや手を拭くためのものとして。
さらにちょっと隠したい場所にさらりとかけて目隠しとしても使えて便利です。

リネンとコットンの混合素材はリネンのしっかりとした生地の張り感と
コットンの馴染みの良さの両方を楽しむことができます。

*商品画像はKOIVU kitchen towelの35x50cmと46x70cmサイズです。

▶KOIVUシリーズの商品一覧へ