Online Shop

SAARI designed by Aoi Yoshizawaのイメージ画像

SAARI designed by Aoi Yoshizawa

ヘルシンキの南にある、小さな島Harakka(ハラッカ)。
デザイナーの吉澤葵さんは、夏は手漕ぎボートで、冬は凍った海の上を歩いて、島にあるアトリエへ向かいます。
島には、豊かな自然と鳥、そして吉澤さんのアトリエを含む数少ない建物が。豊かな自然や海に囲まれたその環境は、季節の移ろいや美しさを身近に感じられると同時に、悪天候や寒さなどの厳しさとも向き合います。島に向かうボートでは、雨に打たれてずぶ濡れになることもあるそう。そんな経験も含め、ここで活動するということは自然の一部になるような感覚で、美しい色の組み合わせやテクスチャーを発見することができる、と吉澤さんは言います。
新作のSAARI(フィンランド語で「小さな島」の意味)は吉澤さんのそんなハラッカでの日々から生まれました。吉澤さんがハラッカで最も好きな場所から見える、南にまっすぐ延びる水平線からインスピレーションを得たデザイン。そこに、複雑な織りによって生まれた不規則な凹凸が、まるでさざ波や澄んだ空気のような、質感となってテキスタイルに表現されています。
その他、SADE/SADEKUUROやJOKIなど、ラプアン カンクリでは吉澤さんがフィンランドの自然からインスピレーションを得てデザインしたアイテムが数多くあります。組み合わせて使うと、まるでフィンランドの情景がそこに広がるかのようです。